ブログトップ

~シアターRAKUブログ~

rakujyuku.exblog.jp

中津川演劇キャンプ その3


今回は若手劇作家新作書き下ろし5本立て、それを初日の午後初めて手にして、4日目には本番。稽古はまる2日くらい、というとんでもない企画です。

ひとつの作品は確かに短いんですけどね。でも、他のグループがやっている時ももちろん全員舞台上にいて、踊るは歌うはあいのて入れるは寝転がるはベルトコンベアー?になるは、、、、、。

ワークショップ参加はこれで4回目ですが、いちばんたいへんでした。

これで懲りたか?懲りない。芝居もおもしろかったけど、私のグループには会場のご近所の方がいて、図々しくもそのお宅で合宿させてもらいました。楽しかったぁ。

発表会は子供たちの野外劇から始まりました。神社の前の木立の中でオブジェクトシアターと一緒になった「白雪姫」。素敵。

最後は日本舞踊と森山威男のドラムの共演、疲れて眠いの半分陶然となる。

あの芝居小屋にはなんか棲みついているでしょうね、きっと。

それから、中津川といえば「フォークジャンボリー」です。これを企画したのは、83歳最高齢の参加者あいちゃんのご主人なんですって!

愛ちゃん、すごくチャーミング。ああいうふうに年をとれるかなぁ。

実に濃い4日間でした。

杉山智子
a0132151_10562289.jpg

[PR]
by rakujyuku | 2009-09-24 23:00 | Comments(0)
<< あいちゃん 中津川ワークショップ >>