ブログトップ

~楽塾ブログ~

rakujyuku.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

残りの劇評

劇評の和訳を載せたら、流山児さんが勝手に(?!)

自分のブログに載せたのに気付いたので(笑泣)

ここにはもう載せません。

事務所のホームページの流山児日記をごらんください。

昨日ここに載せたCVVの訳の中で、私のを一言だけ

流山児日記では変えてるところがありましたよ。

お暇な方は見つけてみてください!!

当てても賞はでません~~

まり
[PR]
by rakujyuku | 2013-09-10 23:08 | Comments(0)

劇評の和訳

まりです。

今回はとりあえず字幕の英訳と現地での通訳のチーフを

務めさせていただきましたので

ついでのことに、劇評の和訳もここに載せておこうかなと・・

どうせ さるお方から「劇評を訳しとけ!」との

命令を受けていましたので。

あまりうまい訳とは言えませんが、

関心がおありの方は、「まあ、読んでみてよ」←誰のせりふ?

 
① CVV magazine Aug 28, 2013

,東京の劇団・楽塾が、日本版「十二夜」を上演して
大いに受けている。モヒカンや着物を粋に着こなし
レトロなメロディを口ずさみながらのシェイクスピアを
想像してみてください。
このド派手な芝居はキラキラ輝き、竜巻となって
純な喜びを運んでくる。
しかし、変化を好まず従来のものを死守したい
シェイクスピアのファンは深刻に受け止めるだろう。
観客を見まわしてみて判断すると、
すっかり舞台に惚れこんでしまうか・・
椅子に深く体を埋めてしまうかどちらかだろう。
 演劇のダイナマイトのようなこの眩い楽塾版の舞台は
ゲームショウのような感覚を持ち十二夜の倒錯した精神を
情熱と活力でしっかり捕えている。
ヴァイオラは雪姫と名前を変え、難破した船から生き残り、
紀の本の国の領主に恋をする。
道化は1人ではなく3人にも増えているし、また、
素晴らしいダンスや立ち回りも見ることができる。
役者のほとんどは女性で、それがこの男女が入れ替わる
物語にぴったりである。
役者はほとんどが中高年であるということで、
私は驚愕してしまった。
彼らは甘いお菓子を食べて元気いっぱいの10歳の子ども
のようなドでかいエネルギーを持っている。
 セットや小道具はほとんど無しで、
すべて表現力、ダンスの振り、衣裳で見せている。
役者たちは豪華な着物を着てスポットライトに輝く。
マルボーリオに当たる丸井三太夫はうまく嵌められて
黄色のスパンコールを身につけ、
まるでディスコに行ったBIG BIRD のようだ。
もしあなたがまだ十二夜サンバを観たことがないなら観るべきだ!
 字幕のあるショウでは、読んでいるうちに素晴らしい動きを
見逃してしまう恐れもあるが、役者たちは文化的違いを
うまく工夫で乗り越え、西海岸の我々もほっとした気分で
見られるようになっている。
ちゃんとついていけても行けなくても、
この視覚的にも素晴らしい音楽溢れるパーティに
取り込まれていくことだろう。
[PR]
by rakujyuku | 2013-09-09 19:18 | Comments(0)

fringe doll?

 ホントに本当に多くの方のお陰で、そしてRyuzanji Companyが

これまで築き上げてきた素晴らしい実績に乗っかって

PICK OF THE FRINGE の Ensemble Award を

いただくことができました。

そのご褒美の人形です。

かなりリアルに不気味なところが素敵~~~!
a0132151_1391755.jpg

[PR]
by rakujyuku | 2013-09-08 13:10 | Comments(0)

ベストアンサンブル賞をいただきました!

a0132151_22123863.gif

「楽塾歌舞伎☆十二夜」カナダVictoria Fringe に参加して
昨日全員無事に帰国いたしました。

最終日に行われた結果発表では
フリンジに参加した55組中10組が選ばれるPick of Fringe Awardsのひとつである
Best Ensemble 賞をいただきました!
a0132151_13324636.gif


今年の賞は観客ひとりひとりが投票する1-5の採点表の合計点で決まるという方式でした。
ビクトリアの観客はとてもとても優しくて、あふれるほどの笑顔と笑い声、拍手と歓声で初めての海外公演に参加した私たちを迎え入れてくれました。


ベストアンサンブル賞は楽塾を応援してくださったすべてのみなさま、
あたたかく迎えてくださったビクトリアフリンジの観客、スタッフ、すべてのみなさまのおかげでいただいたと思っています。

ありがとう、としかお返しすることばがないのですが

本当に本当にありがとうございました。
a0132151_13342275.gif


We don't know how to thank you enough to all of you!

Intrepid Theatre のサイトより抜粋いたします。
Pick of Fringe Awards!
September 3rd, 2013

Audience Ballots, scored from 1-5, were tallied at the end of the festival. The top rated show was the overall pick – shows over a rating threshold received awards in their genre categories.

OVERALL AUDIENCE PICK OF FRINGE: An Improvised Quentin Tarantino – Paper Street Theatre

Ensemble: The Twelfth Night in KABUKI Style – Ryuzanji/Rakujuku

Female Solo: Promise and Promiscuity – Penny Ashton

Male Solo: TIE Rob Gee – Forget Me Not & Jeff Leard – The Show Must Go On

Drama: Confession’s of a Fairy’s Daughter - dancingstorysinger

Comedy: Syphilis: A Love Story - Word Solutions Theatre Collective

Spoken Word: Richard Tyrone Jones’s Big Heart - Utter! Spoken Word

Musical: Melody Moore – Stumblebum Productions

Clown: Fools for Love – Small Matters Productions

New Play: TIE: Judgement Day / New Blood Theatre and Assassinating Thompson / Monster Theatre

Family Fringe: TRUNK! - Kerploding Theatre

Physical Theatre: 2 for Tea – Life & Depth

Dance: Grim – Broken Rhythms Dance

Variety: The Birdmann in Momentous Timing - The Birdmann

Most Loved on the iPhone Fringe App!: Grim


RYUZANJI COMPANY の Facebookにはリアルタイムのご報告がアップされています。

以下劇評のリンクです。
CVVMagazineのReview

THE CRAIGーTHE AUDIENCE REVIEW FORUM OF THE VICTORIA FRINGE THEATRE FESTIVAL

The MarbleのReview



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
CoRichブログランキング
[PR]
by rakujyuku | 2013-09-04 13:34 | 2013十二夜VICTORIA | Comments(0)

Twelfth Night: Victoria Fringe 2013

a0132151_9493620.jpg


a0132151_2328572.jpg


楽塾2013東京公演は無事に終演いたしました。次はビクトリア・フリンジ(8/27-9/1)に行ってきます!!!

VENUE: Metro Studio - 1411 Quadra
Regular $11, Student / Senior $9
Get Tickets

Tues Aug 27, 8:00 pm Wed Aug 28, 7:45pm Thu Aug 29, 6:00 pm Fri Aug 30 3:30 pm Sat Aug 31, 12:45 pm Sun Sept 1, 3:15

Drama with music
Running Time: 75 minutes
All Ages

Yukihime & Ranmaru (Lady Viola & Cesario): Yuko Sekiguchi
Duke Ogasawara (Duke Orsino) : Izumi Murata
Tokihime (Lady Olivia) : Kazuko Kawamoto
Kagetora (Sir Toby Belch) : Mari Nikaido
Sir Ayanokoji (Sir Andrew Aguecheek) : Akko Takano
Marui Sandayu (Malvolio) : Aya Meguro
Maya (Maria) : Mie Kirihara
Yukinojo & Tamegoro (Sebastian & Roderigo ) : Mitsue Naito
Samezo (Antonio) : Takuhei Kozu
Gombei (Sea Captain), Priest: Nanae Mikawa
Officer: Sanshiro Goto
Yang (Fool) : Satoko Sugiyama
Ning (Fool) : Michiko Nishikawa
Tong (Fool) : Miyuki Sakaguchi

楽塾の英語サイト
Top of RAKU-JUKU

Facebook
「いいね!」などしていただけるとうれしいです。

東京公演(7/13~21)の詳細

流山児★事務所
http://www.ryuzanji.com/

流山児祥オフィシャルブログ
http://ryuzanji.eplus2.jp/



※公演終了までこのページをトップに置きます。
 最新記事はこの下にあります。予約状況、稽古日誌など随時更新していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
CoRichブログランキング
[PR]
by rakujyuku | 2013-09-03 23:37 | 2013十二夜VICTORIA | Comments(0)