ブログトップ

~シアターRAKUブログ~

rakujyuku.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

SOSEKIワークショップ「夢十夜」発表会

まさに「こんな夢をみた」
漱石もびっくりの斬新&ノスタルジックな流山児さんの演出。
生きてきた蓄積のアレコレが染み込んだ個性はそれだけで面白い、すてきだ。
本番途中のアクシデントがかえって演劇をやることの意味を教えてくれたような気がする。
参加された方たちは遊び尽くした贅沢な6日間だったのではないでしょうか。


次回は11月予定だそうです。



[PR]
by rakujyuku | 2010-07-29 15:11 | Comments(0)

お疲れさまでした


  ほんとにたびたびすみません。
  かわちぃーです。

  6日間の漱石ワークショップ、終わりました。
  いろいろありましたが、
  参加者の皆さま、ほんとにお疲れさまでした!

  発表会の後の打ち上げ会では
  ワークショップ参加者も劇団の人たちも写真家も支援者も
  もちろん楽塾メンバーも一体となって盛り上がっていました。


a0132151_1238446.jpg
a0132151_1238419.jpg
a0132151_12391188.jpg
a0132151_12393984.jpg
a0132151_1240292.jpg
   
  
[PR]
by rakujyuku | 2010-07-29 12:41 | 流山児★事務所 | Comments(0)

本日夜8時です


  かわちぃーです。
  いよいよワークショップ発表会です。

 
  以下、流山児さんのブログより

  『夢十夜~SOSEKI OPERETTA~』WORKSHOP発表会!

  作:夏目漱石
  構成・演出:流山児祥
  ステージング協力:木内尚 
  音響:荒木理恵 
  照明協力:里美和彦・小林七緒・坂井香奈美/畝部七歩
  協力:楽塾(河内千春・阪口美由紀)

  出演:WORKSHOP参加メンバー+山丸莉菜(新人)・鈴木麻名
      実(新人)
  総勢14人。
  発表会:7月28日(水)PM20時開演(19時45分開場予定)
       上演時間は30分の予定。

  場所:Space早稲田(東西線「早稲田」駅1番出口右へ1分
      中華「北京」地下)

  入場:無料 ※終演後・合評会・交流会あり。
           酒・肴・つまみ・差し入れ歓迎。

  入場ご希望のかたは   ℡03-5272-1785 
                 流山児★事務所まで。

[PR]
by rakujyuku | 2010-07-28 09:29 | 流山児★事務所 | Comments(0)

ワークショップ3・4日目


  またまた、かわちぃーです。

  漱石ワークショップ、順調に進んでいます。
  昨日のことをやっと覚えたと思ったら、
  今日になって変わってしまって、
  また一から覚え直さないと・・・という状態が続いています。
  って、私はただ見ているだけですが・・・。

  でも、よくわかります。
  楽塾の時と同じだから。

  4日目にして、やっと全体がぼんやり見えてきました。
  でも、また明日になったら、どう変わるか???
  これがおもしろいのです。


a0132151_049434.jpg


  男性軍はセリフの稽古中。
  「どんな」「あんな」「こんな」・・・  


a0132151_0495891.jpg


  女性軍は、シコ踏んでる?


a0132151_0505875.jpg



  なおちゃんの振り付けもどんどん増えて・・・




  発表会は、28日午後8時から、Space早稲田 です。
  

  
    
  
[PR]
by rakujyuku | 2010-07-27 00:54 | 流山児★事務所 | Comments(0)

ワークショップ2日目


  かわちぃーです。

  ワークショップ、どんどん進んでいきます。
  昨日(24日)は、ちゃんと写真撮りました。

  a0132151_11552490.jpg

 重いよ~



 

  a0132151_115752100.jpg

 動いている
 人たちは
 アツイん
 ですが、
 そうでない
 人たちは
 (一人を
 除いて)、
 サムイんです
[PR]
by rakujyuku | 2010-07-25 12:11 | 流山児★事務所 | Comments(0)

流山児さんのおコトバ

「相手を見ろ!
全身で感じろ!」
漱石ワークショップにて。

ボスは手本を示さない。 答を言わない。 自分で見つけ出すのが役者の仕事だから。


[PR]
by rakujyuku | 2010-07-25 04:26 | 流山児さんのおコトバ | Comments(0)

漱石WS始まりました


  かわちぃーです。

  大人のための演劇ワークショップが始まりました。
  
  今回は、夏目漱石の『夢十夜』をテキストにして、
  来週水曜日までの6日間行なわれます。
  最終日には発表会もあるそうです。

  いきなり歌が出てきて、
  セリフのはめ込みがあって・・・、
  初参加の人たちは、とまどっていらっしゃいました。

  私は、6日間お手伝いします。
  写真撮るの、忘れました。カメラ持ってたのに・・・。
   
[PR]
by rakujyuku | 2010-07-24 12:31 | 流山児★事務所 | Comments(0)

RE:カクカクシカジカの話


  まりです。 非戦を選ぶ演劇人の会のピースリーディング vol.13 に行って来ました。

 第一部はタイトル通りで、大学生のマサトがレポートで「核兵器は必要か」について書かなければならず、

 オバマ演説に単純に感動していたが何も知らなかった自分に気づき、賛否両論を知って、

 考え、レポートを仕上げていくまでの話。

 いままでのベテラン劇作家たちから若者にバトンタッチして、作・相馬杜守、構成・演出・楢原拓が担当。

 何も知らない「普通」の人の目線でとてもわかりやすく書かれていて感動した。

 私は大学二年の元の生徒も誘っていったのだが(その他、あやとキリも一緒!)、すごくわかりやすく

 面白かったと言っていた。

 井上ひさしさんの

 ― むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめにかくこと 
 という言葉を一生懸命追求しているようで嬉しかった!

 第二部は、昨日は安田菜津紀という23歳のフォトジャーナリストに上記の二人がインタビュー。

 「国境なき子どもたち」の友情レポ-ターとしてカンボジアを中心に活動しているが、

 まあそのしっかりしていること!目が輝き、とってもすてきな若き女性だった!

  三部は井上さんの戯曲より、朗読。すまけいさん、素晴らしい・・・。左手が不自由でいらっしゃるようだった

けれど、声はお元気で。いつまでも活躍していただきたい。

 そうそう、一部で鈴木瑞穂さんが、ご本人役で登場、被爆の経験を語られたが、その迫力、重み、底力・・

 他のすべてを圧するものがあって心に迫ってきた。体験者から聞くことの大切さ・・。時間は僅かしかないが

 その経験ができる私たちの特権でもあり責任でもあると改めて思った。

  何しろ、すっごく面白いです。そうそうたるメンバーの役者さんたちが舞台いっぱいに迫力いっぱいに話を

運んでくれます。後は今日一回だけ。19時からスペース・ゼロ。1500円。今日は戸田恵子さんも参加だな。

 今年は残念ながら我らが流山児祥は出ないけど・・・。

  是非、観に、聴きに行ってください!!
[PR]
by rakujyuku | 2010-07-21 11:28 | Comments(0)

18日の稽古

一組と三組の稽古です。
11時スタートと12時スタートと時間をずらして。

見学に慶應大の学生さん、二組のメンバーものぞきにきて。

それぞれの組で一応通したり、シーンごとにほじくりかえしてみたり、二組のメンバーに代役お願いしたり、最後は合同で、メンバー交代となり、あれやこれや入り乱れてて遊びました。

こういう稽古もおもしろいものです。

                   
a0132151_1858992.jpg
a0132151_18585886.jpg
a0132151_18591716.jpg
by  Akko
[PR]
by rakujyuku | 2010-07-19 19:01 | Comments(0)

ひっそりと稽古

楽塾は三組に分かれて稽古中です。稽古場を、二チームずつでローテーションをくんで使ってます。お休みの人や早めにあがる人もいて、2時頃の昼食休憩には六人に。何だかやけに稽古場が広く感じられます。
あっ、そうだ。旅公演に出かける前、流山児さんに「クーラー掃除しとけよ!」って云われてたんだ。と、思い出し、みんなで四苦八苦しながら外してフィルターを掃除しました。もちろんその後夕方まで、稽古しましたよ。
脚立に乗ってフィルターを取り付けてる内藤さんをパチリと。

いそ ちゆき♪
a0132151_2215881.jpg




にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村
CoRichブログランキング
[PR]
by rakujyuku | 2010-07-12 22:02 | 稽古場日誌 | Comments(0)