ブログトップ

~シアターRAKUブログ~

rakujyuku.exblog.jp

ウィンドミル・ベイビー

私もひとり芝居を観てきました。
大方斐紗子さんが、12人の登場人物をひとりで演じます。
バロンなかざわさんがウクレレの生演奏で参加しています。

オーストラリア・アボリジニの老女メイメイを演じる大方斐紗子さんは70歳を超えていらっしゃるはずですが、かわいらしく表情豊かで軽やかな身のこなし、変幻自在の声音とたたずまい、一瞬で12人の登場人物(犬も!)を演じ分けます。とにかくチャーミングで目が離せません。1時間40分間、ものすごい集中力で客席とのコミュニケーションも楽しく半世紀前の西オーストラリアの牧場へと誘ってくれました。

同じ座・高円寺の1では渡辺美佐子さんの「化粧二幕」が千秋楽を迎えていました。
こちらは去年観ましたが、すばらしかった。

ふたりの女優さんの宝物のような舞台を観ることができて幸運でした。


演劇企画集団楽天団
『 ウィンドミル・ベイビー 』
座・高円寺2
◎作:デービッド・ミルロイ
◎翻訳:須藤 鈴
◎演出:和田 喜夫


Miyuki


にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村
CoRichブログランキング
[PR]
by rakujyuku | 2010-05-10 17:45 | メンバー日記 | Comments(0)
<< 帆をあげろ~~~! 「化粧」 >>